「命のバトン」事業

平成30年5月2日に中津川市西地区社会福祉推進協議会で1人暮らしをしている方のお宅に

民生委員・児童委員さんが訪問し、

「命のバトン」の更新手続きをしました。


「命のバトン」事業とは?

「命のバトン」の中には、緊急時の連絡先やかかりつけの病院など持ち主の情報が入っています。

そのため病気などのトラブルが起き、自分の情報を伝えることが難しいときに、バトンの持ち主に代わって救急隊に情報を提供し、迅速な対応に役立てるものです。

この日は更新手続きということで、かかりつけの病院などについて確認しました。
また民生委員・児童委員さんから、「遠方の病院に通うようであれば、ファミリー・サポート・センター事業を利用するといいよ」とアドバイスがありました。

訪問先の方は今年1月に銀行で倒れ、3月まで入院していらっしゃいました。
倒れた際、氏名や住所の他に民生委員・児童委員さんの名前を周囲の方に伝えたそうです。

そのおかげで民生委員・児童委員さんから地域包括支援センターに、そしてご家族に連絡をすることができました。


1月の出来事を機に自分の体調に気を配ったり、万が一自宅で倒れた時を想定して、行動するようになったとのことでした。

このように
「命のバトン」は体調面やこれからの生活について考えていくきっかけになる事業ともなっています。

  本所 (2018年5月 2日 15:27)


トップページ > 最近の活動 > 「命のバトン」事業

中津川市社会福祉協議会 〒508-0045 岐阜県中津川市かやの木町2番5号 健康福祉会館内
Tel 0573-66-1111 (内線633・634) Mail info@nakatsugawa-shakyo.jp